コロナ禍でも子供たちを応援したい

2020年は特別な年になりました。

これまで経験したことのない新型コロナウイルスの流行にともない社会が変化し
これまでと同じような活動ができない状況で
今だからできることは何か?どのように子供たちをサポートできるか?を考える年になっています。

そのような中でも、少しでも子供たちを元気にしたい
夢に挑戦する心を忘れないで欲しいと願う大人たちの協力を得て行った活動をご紹介します。

「子供たちの夢を応援すること = 私たち、 大人も夢を見る」

NPO 法人 夢のかけ橋プロジェクト
企画 ・ エクゼクティブプロデューサー
代表理事 山田 百合子

コロナで外出もできない子供たちに
100%オーガニックのパンケーキを食べてもらいたい
鹿児島県内14の児童養護施設と埼玉県の児童養護施設「子供の町」に
パンケーキミックスを寄贈し子供たちに自分たちで焼いて食べてもらいました

知人を通じドクタージャパンさんからメールをいただきました。
夢のかけ橋プロジェクトではネットワークを活かし、鹿児島県に14ある児童養護施設の子供たちにパンケーキを食べてもらおうと企画。
鹿児島で開催した春のイベントに毎回子供たちを連れてきていただいた三州原学園の棈松(あべまつ)先生にご協力をいただき、三州原学園をHUBに児童養護施設14か所の子供たちにパンケーキをプレゼントすることができました。
さらに埼玉県の児童養護施設「子供の町」の先生にも連絡。子供たちにパンケーキを食べてもらいました。

体験ツアーで環境のお話をしていただいている
本田亮さんの「SDGsユーモアイラスト展」
好評につき会期延長

環境マンガをはじめ、さまざまな活動をされている本田さんのユーモアイラスト展が開催されていましたが、好評につき会期が12月13日まで延長されたそうです。
また、主催の国連WFP協会がノーベル平和賞を受賞され、同会の理事を務める本田さんの展覧会が、ますます注目を集めています。
夢のかけ橋プロジェクトでは、このイベントに子供たちを連れて行けないか企画中です!
 
【入場無料】
場所:伊藤忠青山アートスクエア
※月曜日定休 ※11時~17時オープン

さらに、横浜高島屋で本田さん初の同時期2会場による展覧会が開催されています。
 
会期:10月21日(水)~11月3日(火・祝)
場所:横浜タカシマヤ1階正面特設会場・8階Aエスカレーター横特設会場